接骨院の診療報酬請求用紙 レセプトのチェック方式の是非?

民主党辻議員
多くの?企業健康保険組合

接骨院での保険は療養費の給付方式であるなら、月初め接骨院が

レセプト(診療報酬請求書)を保険組合などに発送する前に、

患者さん自ら、月初め、それをチェックして捺印かサインをすべきではないか


自民党福田元総理
必ずしも全ての患者さんが後日、請求書(レセプト)を確認する

ためにだけ接骨院に行かれるわけではないし、実行不可能である。

非現実的方式を強要することには賛成しかねる


さあ、あなたはどちらを支持されますか?


(平成20年の予算委員会で、福田元総理がこのことに関して
ある民主党議員から質問というかクレームをつけられました。
一般常識のある方々から見ればインネンとも取れるものでしょうか。

接骨院での保険は療養費の給付方式であるなら、月初め接骨院が

レセプト(診療報酬請求書)を保険組合などに発送する前に、

患者さん自ら、それをチェックして捺印かサインをすべきではないか
」と

辻 泰弘 民主党議員の質問でした。

赤字対策の一環として

全接骨院を犯罪者扱いにし保険適応を何が何でも剥ぎ取ろうとする

狡猾な各種企業健康保険組合から依頼を受けたのでしょう。

薬漬け医療 ねつ造保険薬詐欺 薬漬け医療隠れ蓑制度(医薬分業制度) 

診療報酬不正請求温床システムなどの赤字の本丸には手をつけられない

ので、卑怯にも接骨院をスケープゴウト身代わりにしたて

恥も外聞もなく接骨院を排除しようという思惑を禁じえない

社会常識のないクレームでした。

しかし、それに対して
福田元総理は次のような

回答をされました。



福田総理:
必ずしも全ての患者さんが後日、請求書(レセプト)を確認する

ためにだけ接骨院に行かれるわけではないし、実行不可能である。

非現実的方式を強要することには賛成しかねる


との柔軟な思いやりのある見解を述べられました。


この議員さんが療養費の給付にこだわるなら、接骨院の保険診療も

他の医療機関と同じにすれば事済むことではないでしょうか。


民主党政権の失政のつけとして、平成25年度から残念ながら
福田総理の方針を無視した社会常識の無い民主党案が
企業健康保険組合においてのみ採用され被保険者(患者)に
その旨を通達して良いことになったようです。

社会常識の欠如した公報パンフレットが接骨院で受診された患者さん

へ配布されています。

社会常識の無い辻議員が提案し福田総理が賛成できなかった

診療報酬請求用紙のチェックの強要です。


中には、接骨院では保険は効かない、窓口で全額支払えとまで社員に

強要している悪質な企業まで出てくる始末。

赤字の本丸に当初から釘を刺す

フェアな日本労働組合総連合会とは真逆な、権力者におもねるアンフェアなる

企業健康保険組合の広報の数々です。

大企業は中国にも進出してしまったので、言動が似てしまったので

しょうか。




★ノバルティスファーマ製薬会社新薬臨床データねつ造事件の
  意味する事

そんな折も折、

ノバルティスファーマ製薬の新薬 降圧剤の新薬製造許認可申請に

際して錚錚たる医学部協賛の詐欺事件露呈!!

そして、高血圧診断基準130以上という根拠の無い高血圧診断基準

が販売促進につながったのか、そのニセ保険薬の総売り上げが

実に一兆二千億円也(NHK報道)

しかも、降圧剤は脳卒中(梗塞)を始め副作用の総合デパートと異名のある薬。
(臨床薬理学専門医師 田村豊幸医師著書による)

高齢者の多くが、4種類以上〜10種類とリスクの高い処方につながっている

とNHKで報道されていたが、降圧剤の乱用と因果関係はいかに?


★政治献金制度が産む多くの国民不在の行政

民主党政権時代には廃止していた経団連

という大企業を筆頭に千数百社の企業が加盟する団体による

○○億単位の自民党への政治献金。

平成26年度から自民党に再び献金がされるかもとNHKで報道されて

いました。(NHK平成26年6月10日ニュースより))

不条理なる広報活動を展開している

悪質な企業健保は利益至上主義の企業が経営しています。

また、企業健康保険組合が赤字に転落してしまったのも、失政のなせる

技。

自民党政府も金の力に屈して、接骨院に冤罪を着せて葬りさるでしょうか。


政党交付金・議員の手当がなされているのなら、そろそろ金権政治に

つながる献金制度は廃止にしないといけないのではないでしょうか。




皆さんも、社会常識の無い行政にはクレームをつけてください。


応援よろしくお願いいたします。

民主的リーダーとは社会で規範となる言動を執らないとリーダーとは

呼べません。


リーダーだから、詐欺をしても悪いことをしてもしかたがない

取り巻きも権力者リーダーにはおもねるばかり。

それでは、社会秩序は現状のように似非リーダー達の詐欺行為を参考にし

「おれおれ詐欺」などのような詐欺事件が横行し乱れてしまいますね。



自民党も経団連の意向に沿い、「保険診療適正化対策」という美名のもと
繰り広げられている実質接骨院営業妨害活動に等しい企業健保の広報活動を
引き続き黙認 見て見ぬふりをするのでしょうか。

地域医療で日夜粉骨砕身尽力されている医師の方々にあらぬ疑いの

かからぬよう、一日も早い医療行政改革改正がなされることを願っております。


(不正請求温床システムを医師が作り上げ無理やり堅持させていても

心理学的にも不正を起こしやすいシステムでも、当頁にて

柔道整復師個々の不正を決して正当化しようとする意図はありません。)