★花園接骨院は針きゅう接骨院です。
したがって、

● 打撲・捻挫・挫傷(肉ばなれなど)。骨折、脱臼の応急処置
●スポーツ傷害 ムチ打ち損傷など事故傷害

●針灸治療の適応症(リンク)

以上に対応できる治療院です。



針灸治療適応症概略

日本的医療行政における針灸治療適応症の誤解。

@現代医療が一科一医師という常識

A針灸保険適応疾患がわずか6疾患であり、

Bしかも、保険適応となるには多くの疾患において

競合する開業医師の同意が必要

Cテレビマスコミの溢れる薬・サプリメント情報

このような日本的状況下では針灸治療は運動器疾患くらい

しか有効ではないと誤解されるのもいたしかたがありません。



日本鍼灸師会という公益社団法人による適応症のページを

御参照ください。
(リンク)

公益社団法人の適応症のページですので、おれおれ詐欺のような嘘は

許されません。


リンクページを参照され適応症の多さに驚かれましたか。 

「信じられない!!出鱈目だ!!こんなにたくさん適応症があるわけがない!!」

と思われましたか?しかも一人の専門家で。。。

そう思われた方は、標準的な日本人のお一人です。


現代において社会常識はテレビ・マスコミによって作られ

ると言っても過言ではありません。 

教育もテレビも国の行政方針やスポンサーという

フィルターがかぶせられます。

国の方針やスポンサーにとって反した・都合の悪い情報は

流されないのはもはや社会常識ですね。

奈良朝時代から針灸治療の伝統ある日本を差し置き、伝統の無い

欧米医療先進国では針灸治療は急速に普及しています。

イギリスの鍼灸師 マーリン・ヤング氏がアフリカウガンダで、結核治療に

日本式お灸治療を採用し大貢献しています。(モクサアフリカ


大正時代に作成された原志免太郎博士の論文に基づき

日本式のお灸治療をウガンダで実践し大貢献している

のです。

ウガンダの結核患者の方が自宅で線香片手に、艾(もぐさ)を捻り

足三里のツボに自らお灸をされている光景
は、

普及が大変遅れている日本の現状と照らし合わせて見ると

日本人の鍼灸師の一人として大変複雑な心境でした。

(NHK総合 「東洋医学特集」 2018年9月24日放映)



下記に当院の一部適応症を記載しました。
(左の病症名をクリックすると右の欄に説明文が表示されます。)
ご参考になさってください。
1・神経痛(坐骨・肋間神経痛など)
2・治らないと思っている肩こり
3・めまい
4・歯痛
5・眼精疲労、仮性近視
6・再発を繰り返す結膜炎
7・アレルギー性鼻炎、結膜炎
8・喘息、気管支炎、風邪の咳
9・肝機能障害、胃腸障害
10・狭心症(初期)、不整脈胸部痛
11・再発を繰り返す腰痛
12・首の痛み、頚椎症、むちうち症
13・生理痛
14・頭痛はツボ療法の得意疾患
15・変形性膝関節症、膝の痛み
16・四十肩・五十肩
17・夜尿症
18・便秘
19・耳鳴り
20・前立腺疾患
21・冷え性、更年期症状
22・夜泣き・疳の虫
23・脊柱管狭窄症
24・糖尿病予備軍・神経症状
25・弾発指 バネ指
26、帯状疱疹
27.慢性関節リュウマチ
28,誤嚥性肺炎予防



★ペインクリニック
どのような物でも完全なものはありません。国家資格の代替医療担当者として、

当院はペインクリニックの不足分も補える、その役割を的確に果たせることのできる

接骨院の一つです。


尚当院は、インフォームドコンセント(ご説明と治療の選択同意)を

いち早く取り入れ、患者さん主体の補完代替医療を実践しています。

(より安全な伝統医療のご提供のため、当院では必要に応じて近隣の医療機関への
転医をご指導しています。)

 
検索エンジンから来られた方のみ
下のボタンからフレームページへお戻り下さい。

利府 花園接骨院