接骨院の保険取り扱いに関して
接骨院の保険は、他の医療機関と違い柔整施術のみの限定適応です。

打撲・挫傷・捻挫・脱臼・骨折のみの適応です。
(サポーター、固定材料、コルセット、柔整施術以外の療法等は,
なぜか実費となります。)

接骨院の保険診療の名目は「療養費の給付扱い」ですが
厚生労働省の指導

従い、患者さんは
初診時と月初め、被保険者証を接骨院の窓口で提示され、

1か月分の診療報酬請求書(レセプト)にサインされ、保険診療分の1割〜3割

を支払われるだけで結構
です。(実費診療代金のある場合は、それプラス

1割〜3割の窓口料金となります。)

それで、本来患者さんが請求すべき療養費の受領を接骨院に委任することに

なります。(手続き上、患者さんの負担を軽減する為、また、患者さん主体の保険制度
である以上、接骨院の保健適応症であれば、受診施設・資格の違いで差別をしては
いけないという柔軟なる対応措置です。)



国民健康保険 共済組合 全国健康保険協会と一部の企業健康保険組合などは

厚生労働省の指導に沿った、従来通りの上記方式を認めておられます。

したがって、企業健康保険組合の被保険者であっても、従来通りの厚生労働省

指導に基づいた上記方式を希望され履行されても、何ら問題はありません。

また、当院では、コンピューターにてレセプト処理を行っていますので、

ご希望の方には、請求分のレセプトの写しをいつでもご提示させていただいて

おります。

●接骨院受診を意図的に妨害混乱させている民主党案
に基づいた
企業健康保険組合広報主張に沿った窓口方式
 ご希望の方への当院での柔軟な対応。

当院では、民主党案に基づく月初め診療報酬請求書(レセプト)記載内容を

確認された上でのサイン御希望という方には、

@受療していただく度に窓口にて保険診療分(3割+7割)は全額

お支払いいただいております。

 接骨院は混合診療ですので、実費分は別に戴きます。
 
Aそして、後日、記載計算済み診療報酬請求書(レセプト)を月初め来院していただき

 記載内容を確認、納得していただいた上で署名及び捺印をしていただきます。

B企業健康保険組合から支払報告があり、送金確認出来しだいご連絡し、

当院がご連絡する確認指定日に ご来院いただければ精算とさせていただきます。

 平均すると半年から1年後くらいとなります。

 尚、多くの接骨院では経費削減の為、保健担当だけの専任スタッフは

 おりません。時間に余裕を持ちご来院ください。

 (接骨院が企業健康保険組合への委任請求受け取り分 7割分の返金
例:一部位治療の場合:初診1580円 一部位430円/回×受療回数 合計額)


 前の画面に戻る場合は画面左上の戻るをクリック又はタップ!!