小児自律神経調整治療
小児針

小児の健康と病気の治療に小児ツボ療法を
(病弱な小児/疳の強い小児/病気の小児)
 
 核家族による育児疲れが社会問題となっています。

関西中心に普及し実績のある夜泣き 疳の虫治療への 「小児針」。

関西地方なら 育児疲れの若い母親を目にした近所のおばちゃんが

決まって次のように助言します。

「あほかいな。針灸院 か小児針のできる接骨院に行きなはれ。

夜泣き 疳の虫は薬では治せんて!!」
小児の疳について

小児の疳または疳の虫とは東洋医学的な表現で、

小児の神経が高ぶって

いろいろな症状を現す状態を言います。

一種の小児神経過敏症と考えられています。

◎疳の症状とは
・・・・・不眠、夜泣き、いらいら、
不機嫌、食欲不振、下痢など。
その他 吐乳、嘔吐、鼻づまり、風邪を引きやすい、爪をかむ、
よだれが多い、チック、頚部リンパ節の腫脹など
小児は体の発育速度が速い為、

精神と肉体の発育バランスが

とれなくなり一種の自律神経失調状態

に陥るのです。


また大人以上に感受性が強く、

外界からの刺激(高い高い、車で遠出

する等)が以外にもストレスとなり

疳の症状をおこします。
治療回数:月始め3〜5回/月

軽度であれば3〜5回の治療で改善

しますが、重度の疳症状の場合は

数か月かかる場合があります。

いずれにせよ軽重にかかわらず、

治療・再発予防に月初めの治療を

5〜6か月継続することが大切です。

疳症状は治りやすいのですが、繰り返して現れます。

生後1ヶ月から5〜6才まで継続することにより、小児の健康増進、体質改善が行われます。
治療方法:
  皮膚のツボを
@専門家の手指
A特殊な治療器具
B毛針という極めて細い針先で接触させる
   必要に応じて数ミリ刺鍼する
  

等きわめて負担の無い刺激方法です。

症状によって、上記の刺激方法を使い分けます。

よほど病院で恐い痛い思いをされたお子さんでない限り

乳幼児は針治療でも意外と平気なものです。
歴史
今からおよそ260年前の江戸時代

中期、1736年「針法弁惑」という

医書に記載されたのが最初と言われ

ています。

関西、中国地方を中心に、平成令和

の現代でも、その効果のすばらしさは

変わらず

月初め鍼灸院・鍼灸師のいる接骨院

では多数の小さな患者さん達が

詰めかけています。

東北地方では歴史が浅く関西に追い

つけという状況ですが、

疳の症状で悩んでおられるなら

どうか一度 是非ためして

みてください。

夜泣きがなくなった機嫌が良くなった

元気になった風邪を引きにくくなったと

びっくりされますよ。
   針きゅう花園接骨院                          
   

前の画面に戻る場合は画面左上の戻るをクリック又はタップ!!