★★接骨院・整骨院・鍼灸院の柔道整復師・鍼灸(はり・きゅう)師とは
どんな職業ですか?
 

★日本の医療界における「縁の下の力持ち」です。



基礎医学と治療手法が医師のそれと違う為

明治時代、西洋化を推し進めすぎる国策から

すばらしい医療効果がありながら、疫病 外科的対応能力が

低いというだけで排斥抹殺されかかった職業です。


●日本は明治時代に制定された医師法に縛られた医療行政が

相変わらず繰り返される世界に類を見ない経済大国。

一時は廃止という憂き目を見た伝統医療。

しかし、それまでの実績を認める多くの大衆の支持があり、国は

いたしかたなく、無資格者の身分法「医業類似行為」という怪しい法律に

放りこみ、一命を取り留めた職業です。

1997年アメリカという医療行政先進国が、日本と比較すると、ほとんど

歴史のないアメリカが針治療など世界の伝統医療の医療効果を,

日本医療行政の伝統である感情論ではなく、科学的調査により認めました。

しかし、針治療の歴史のある日本では、国家資格者でありながら、

医療行為でありながら、平成の現代においても未だに、無資格者の行う身分法

「医業類似行為」という範疇に放り込まれたままの資格の一つです。

もっとも、この国は、救急医療の現場で、アメリカに遅れること50年

やっと救命士の医療行為「気管支挿管」が認められた国。

伝統医療が国家資格者により行われても、相変わらず、無資格者の

身分法「医業類似行為」に加えられ続けているのは、

きっと、薬を使わなくても多くの疾患に対応できる伝統医療だからでしょう。

提案:医業類似行為ではなく、世界が認める伝統医療にふさわしい

「偉業類似行為」という新たな法律を制定してはどうでしょうかねーーー。


もちろん、そのためには、日本の医師も合わせて 国家資格者選抜制度の

抜本的改革も必要となることは言うまでもありません。




●西洋ドイツ医学主流の国策の中、基礎医学が東洋医学であり、

治療法が異なるため、医師とは別に独立開業権と

限定疾患に限り診察治療権を与えられた伝統ある

職業です。


医療後進国アフリカ ウガンダで、薬不足故 結核治療に
鍼灸師の指導を受ければ誰でもできるお灸単独療法が大貢献
!!
(H30年9月24日 NHK総合特番にて)


免疫学という人体の自然治癒力・回復力に対する医学理論。

その理論で医療効果が証明された薬を使わない医療です。

身体の治癒力・免疫力を調整し
適応症の病や怪我の治療を

行う職業です。


アフリカという薬不足故 日本と違いお灸単独療法の効果が証明された

という皮肉な結果ですね。 日本は薬中心の経済・学歴中心の医療行政

ですから決して得られないエビデンス(証拠)です。


●医師とは別に、針師 きゅう師 あん摩マッサージ指圧師

柔道整復師(接骨院整骨院)という国家資格制度のある

職業です。


●針治療は日本では奈良朝・明治時代からの歴史のある

職業ですが、戦後50年以上、日本の医学部では講座の

なかった医療ですので、日本の大多数の医師達には理解

されず、異端視され非科学的 無用と誤解されて来た

はずだったのですが、、、、。


1986年4月制定された社会常識の無い「針きゅう保険制度」
では、


①そのような医師たちに針灸の保険適応に際して、同意がいる

医師の同意がされないと保険適応にはならない

おまけに、


②医師が同意すると医師は同意した疾患に対して薬を処方できない


まるで、薬を使わない医療が普及されてはこまるという思惑が見え見えの

反社会的な制度により普及妨害を受け続けている職業です。


●今更、外傷・外科・救急医療は現代医療にとって替われる医療では

ありませんが、

リハビリ医療同様、基本医療の一つとして代替医療として

現代医療を補える素晴らしい効果が

適応症にはある、、、そんな医療です。


●日本と違い、針など伝統医療の歴史は無いが、

合理性を、より重んじる薬害対策先進国のアメリカ、

スモン病も薬害エイズも未然に防いだ国アメリカで

針治療は現代医療を補える代替医療として認められた医療です!!


●医療及び医療行政にも正式な公開制度を適応させ.

世界に通用する医療データを公表できるアメリカで、抗がん剤に代わり

いち早く癌治療にも応用されている代替医療の一角を担い

日本と違い致死率低下に貢献している医療の一つです。

針治療などはワールドワイドな医療として

急速に全世界に普及している、そんな治療を行う職業です。


★薬害エイズ事件で政・官・財(製薬)・医癒着が主因と裁判で断罪されて以降、

おかしなことに、欧米医療行政先進国と違い、日本のテレビなどでは、

それまでと違い決して、その医療効果の高さが報道されなくなった

医療の一つです。

風邪薬はないのに、「風邪にはル?」の国だからでしょうか。

政官財医癒着はマスコミも加わり政・官・財・医・マ癒着となり果てた

のでしょうか。

以上日本のテレビでは決して報道されない情報でした。

 前の画面に戻る場合は画面左上の戻るをクリック又はタップ!!