★転医拒否から転医承認へ
★損害保険の場合、一定レベル以上の治療成績データが提示出来る
接骨院は当然 転医を認められますよ。


接骨院一律排除という損害保険会社の営業方針に対し
損害保険会社に対し、当院の一部治療成績データを送付いたしました。
その結果、話し合いの場を設けることが出来ました。
損害保険会社の主張は
@多くの接骨院の場合、むち打ち損傷に対し成果を示すデータが
出ていない。多くの接骨院が対症療法のみに終始している。
A「治療成績が一定のレベルに達している場合は損害保険会社も
拒否 排除はしない。」というものでした。
「多くの接骨院」というだけで具体的な数字はご教示
いただけませんでしたが、ご無理ごもっとも。
誰だって、治療効果のない治療にお金は払いたくないですからね。

ちょうど、損害保険会社も接骨院に対する営業方針を再検討される
時期であったことも幸いしたかもしれませんね。

★現在は、根拠のある治療。
一定レベルの成績を示せるデータのある治療は
認められる時代になりました。
当院もこれまで、お付き合いのある損害保険会社に治療データを
ご提示することで一定の成果を挙げることができました。


しかし、まだ一部健康保険組合同様、
まだまだ根拠の無い全接骨院排除運動を展開している
損害保険会社が存在しているようです。

接骨院転医は認められないという損害保険会社に遭遇した場合
どうか、ご遠慮なく、当院同様、もよりの損害保険会社との窓口になれる、
または実績のある接(整)骨院にご相談ください。

医療機関・整形外科の諸先生方に
尚、 当院では、接骨院の扱える骨折・脱臼の応急処置を除き、
負傷部位にカイロプラクテックなど直接的に患部に強い施術を
行うことは一切行っていません。
消炎鎮痛効果を目的としたツボ治療(SSP・中周波・鍼治療・
湿布剤貼付)、操体調整法などを行っています。
治療により悪化することのない間接的治療を行っています。

整形外科医療との併用や
薬剤治療に合わない方々、ブロック注射不要な軽度障害への
対応の一つとして

医療機関の諸先生方のご理解とご協力をお願いいたします。
          

近年 問題となった脳脊髄液減少症にも、スクリーニングテスト
により適切な御指導・対応をさせていただきます。
むちうち症の御相談も花園接骨院
              022-356-7920へどうぞ。